建築設計希望者は転職エージェントを活用するのが便利でおすすめ

公開日:2019/01/01  

建築設計業者の方が転職をしたいと思った時には、自分だけで転職活動を行うよりも転職エージェントを利用した方法をおすすめします。

豊富な転職情報を得ることができますし、様々なサポートをしてもらいながら活動を続けることができます。

希望に合う求人先を探すために上手に転職エージェントを使っていけば、より良い条件の職場に転職できるでしょう。

 

情報量が圧倒的に多く未公開の求人もある

転職エージェントが抱えている求人数の多さはエージェントによって違いはありますが、個人で得られる情報よりはかなり多いと言えるでしょう。

建築設計を中心にした求人は数多くありますが、ハローワークなどに求人を出していない企業もたくさんあります。

ハローワークに出している情報は基本的に誰でもみることができるので、吸引を出しているということが他の企業にばれてしまうことがあるからです。

頻繁に求人を出していると職場の雰囲気が良くないのではないかなどの悪い噂を立てられてしまうこともありますし、真剣に転職を考えているわけではない人から電話がかかってくることもあります。

そうなると企業にとってデメリットばかりが多くなるので、転職エージェントだけに限って求人情報を出しているという企業があります。

特に未公開になっている求人は条件が良いものが多く、転職エージェントに登録をした人だけがみることができるということになっています。

一般の人には見られることがないので特別な条件で求人を出している企業があることも期待できます。

このように様々な求人が揃っているところが転職エージェントを使う良さです。

 

求人先への交渉をお願いすることができる

建築設計は特殊な職種なので、そこで働いている人にしかわからないような条件で求人が出されることがあります。

一般企業とは違った条件だったり、特殊な勤務体系をとっているところもあります。

そういった細かな点で自分の希望とは食い違いがあり交渉をしたいと思った時に、自分からはなかなか言い出せないこともあるでしょう。

これから面接を受けて就職させてもらわなくてはいけないのに、企業にとってデメリットになるような条件を出してしまうと面接で落とされてしまう可能性があるからです。

そういった悩みを持つ時に転職エージェントを使っていると、自分の代わりに担当者が話しをしてきてくれます。

担当者はこの業界で顔が広い人も多いので、直接転職希望者が依頼をするよりも良い条件で雇ってくれる可能性も出てきます。

給与面のことだけでなく、休みのとり方や仕事の内容に関することまで様々なことで交渉をしてもらえます。

また、求人先の人も直接本人と話すよりも話しがしやすいので、企業にとってもメリットがあるのです。

転職エージェントの人を介してお互いが納得できる条件にすることができれば、転職後に不満のない働き方ができるようになります。

 

担当者がつくことでの精神的なサポート

転職エージェントを利用して活動を行う時にはほとんどの場合、固定で担当者が付き、その人と一緒に求人を探すことになります。

まず自分の条件を細かく担当者に伝えることで、その条件にあった求人を探してきてくれるので、自分自身でたくさんの情報の中から希望に合うものを探し出す手間が省けます。

求人数がたくさんあっても、自分の条件に合うところは数社のみということが多いので、数多くの中から探し出すためには時間をかけて探さなくてはいけませんが、忙しい人の中にはそのような時間をとれない人もいます。

そんな時には担当者に希望を伝えておけば、マッチングした求人があった時にすぐに教えてもらえます。

それから求人先の詳細を確認すれば良いので時間の節約ができるでしょう。

求人は常に更新されており、こまめにチェックする必要があるので、時間がないと全ての情報をみることが難しくなります。

条件の良い求人はすぐに応募が殺到するので、転職エージェントの人に情報を見つけてもらえれば、早い段階で求人先に連絡をすることができるようになります。

また担当者と話しをしながら活動を行えるので精神的な支えにもなると言うメリットもあります。

 

建築業界の裏側の事情もよくわかっている

建築設計は一般企業に比べて普通の人が知らないような常識がたくさんあります。

転職をする時にはそういった建築設計業会の裏側までしっかりと調べておかないと転職をしてから働き続けることが難しくなってしまいます。

転職エージェントではそういった転職情報も豊富に持っており、この世界の裏の情報を参考にしながら転職活動を支えてくれます。

表では言えないようなことも担当者からこっそりと教えてもらうことができ大変便利だと思います。

自分でそこまで調べようとすると、よほど業界に顔が広くないとできないので、建築業界の情報を集めるためにも転職エージェントを利用することをおすすめします。

使う時にはほとんどが無料で登録をすることができるので、お金をかけずに利用することができます。

求人を出している企業がお金を払って転職希望者を探してもらっているという形になるので、転職サイト自体は怪しいものではありません。

人手が不足している企業や優秀な人材が欲しいと思っているところではお金を出してでも良い人材が欲しいと思っているからです。

色々な情報を知ることができるので転職エージェントを使うことをおすすめします。

 

住んでいる場所以外での転職活動を行える

場合によっては、家族の転勤などで引越しを余儀なくされて転職活動をしている人もいると思います。

そういった場合にはまだ住んでいない場所での職場探しとなり、土地勘もないので想像以上に大変なことになる可能性もあります。

転職サイトは全国展開をしているところが多いので、引越し先の求人を紹介してくれるようなところを探すのもおすすめです。

今住んでいる場所にいながら、別の場所の求人も探すことができるのは転職エージェントだけができることでしょう。

通勤時間なども範囲を伝えておけば、その中で条件に合う求人を探してくれるので、土地勘がない人には大きな助けになります。

またその土地ならではの特徴や土地の文化なども教えてもらえるので、事前に知っておくことで働きやすさが増し長く働き続けられるでしょう。

全国展開をしていないエージェントの場合にはこのような使い方をすることができないので、引越し後の就職先を探している人は全国に支店があるエージェントを見つけるようにすると失敗がないと思います。

地域によって求人数が違うこともあるので事前に確認しておきましょう。

 

転職を成功させた後にも相談することができる

転職エージェントを使って転職に成功した時にはお祝いをしてもらうことができますし、その後も企業との間に立って交渉をしてくれることもあります。

まれではありますが、面接で提示された内容と実際の業務に大きな差が出ることがあり、その場合に自分から上司に言いにくい時には担当者に連絡をすれば企業に直接問い合わせをしてくれます。

アフターサービスのないエージェントもありますが、転職は就職先が決まるだけでは完了したとは言えず新しい職場で長く働けるようになって成功したと言えます

そのため、もしも転職後に不満に思うようなところがあれば、一緒に相談ができるようなアフターサービスがついているところを選ぶようにしましょう。

長く新しい職場で働き続けるためには、自分の希望も適宜伝えていくことが大切です。

最初の訴えの時に担当者に相談をすることができれば背中を押してもらえるでしょう。

一度しっかりと自分の意見を伝えることができれば、2回目以降も上手にできるようになっているはずです。

転職後に悩みを抱えることも多いので、アフターサービスが整っているエージェントを選びましょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

「建築設計業に興味があるけど、未経験だと採用されにくそう」と、未経験での転職は尻込みしてしまう方もいるでしょう。未経験から異業種への転職は難しいともいわれますが、転職エージェントを利用すれば

続きを読む

未経験から建築設計業への転職は難しいと思っている方は多いでしょう。実際、資格や実務経験があった方が転職には有利です。しかし、さまざまな理由から今や未経験でも建築設計業は転職しやすい業界とされ

続きを読む

志望動機は採用担当者がどのような人物なのか、会社に興味をもった理由を知るための手段です。志望動機を疎かにしてしまうと、企業に就職したい気持ちは伝わらなくなります。とくに建築・設計業界は人気が

続きを読む

20代の方は経験が浅いことも多いので、転職のプロである転職エージェントを利用するとスムーズな転職ができるかもしれません。スキルが少なくても知識を身につける方法や自己アピールの見せ方など、1人

続きを読む

「職務経歴書の上手な書き方が知りたい」そう思っている方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの職務経歴書の書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで書類選考を突破しやすい職

続きを読む

「自己PRって何を書けばいいのだろう?」そう悩む方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの自己PRの書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで、ポイントを押さえた読みやすい

続きを読む

「自己分析をしてから転職をした方がよい!」と聞いたことはあるけど「なぜだろう?」と思う人もいるのではないでしょうか?自己分析はすごく重要です。ここでは転職活動を始める前に自己分析をする意味と

続きを読む

中途採用の方はこれから育てるという目線よりも「即戦力になるのか?」ということが重要視されます。保持している資格・免許をただ並べて書くだけではいけません。この記事を見ていただくことで、履歴書に

続きを読む

転職活動には、転職エージェントを利用する方法と自分で行う方法の2種類があります。転職エージェントは利用することで転職に関するさまざまなサポートをけられますが、利用がおすすめできない人も一定数

続きを読む

転職活動を始めるにあたって、最初に転職方法を検討しておくことは非常に大切です。そして、転職エージェントを利用する転職では、担当者との相性が合わず悩む方も少なくないのではないでしょうか。そこで

続きを読む