費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

人材派遣管理システムの比較ポイント|自社に合うシステムを探そう


ここでは、人材派遣管理システムの比較ポイントや自社に合うシステムを探す方法を紹介します。人材派遣管理システムは、派遣スタッフ管理・クライアント管理・募集案件の進捗管理、契約書管理・勤怠管理・給与管理などを行えます。このように、基本的な機能はすべて搭載されており、人材管理システムとして活用可能です。

人材派遣管理システムとはどんなシステム?

ここで紹介する人材派遣システムとは、人材派遣会社が派遣スタッフとクライアント、自社の管理・営業部門を管理できるようにしたシステムです。システムには、パッケージ版とクラウド版があり、目的に合った選択が可能です。

派遣スタッフ管理では、スタッフの個人情報や関係するクライアントの情報などを参照できます。クライアント管理は、クライアントに関する業務内容や募集スタッフに関する情報などを参照できます。募集案件の進捗管理とは、主に営業が閲覧するための情報です。

そして、契約書管理・勤怠管理・給与管理など、基本的な機能はすべてできるようになっています。すべての派遣会社がこのような人材派遣管理システムを導入している訳ではありませんが、コストによっては導入した方が効率的によい可能性があります。導入に関しても、複数のサイトでシステムを比較検討して選ぶことが必要です。

パッケージ版かクラウド版かについては、少ない人員の会社ではパッケージソフトを選び、大人数の会社ではクラウド版を選ぶのが一般的です。

ただし、インストールの手間や高いスペックのPCを保有してない会社は、クラウド版を選ぶとよいと思います。理由は、システムの処理はクラウドが行うので、クライアントのPCは低スペックでも問題なく動作するためです。そのため、予算や人員によって選ぶことで予算を抑えることもできます。

クラウド版からライセンス版への移行も可能で安心!

人材派遣管理システムの中には、クラウド版からライセンス版への拡張を行えるものもあります。スモールスタートのクラウドから始めて、ビジネスの拡大に合わせてライセンスバージョンに拡張することも可能です。パッケージ版の方が価格も高く、機能も豊富なためシステムを利用していく中での不自由を反映するために、カスタマイズすることもできます。

人材管理システムは、既存システム(基幹システム)と連携し、独自のシステムとして機能の向上・変更のニーズに対応することもできます。これは、ソフトウェア開発やシステム開発の広いノウハウを持つ企業ならではの対応です。クラウドからライセンス版に切り替える場合は、クラウド内のデータをそのまま使用できるため、移行も容易に行えます。

基幹システムは、在籍スタッフの一日の売上げや経費などの、会社としての一日の売り上げを算出するために処理をするためのものです。人材派遣管理システムは、この基幹システムとも連動できるため、基幹システムにデータを投入し直す必要がなく効率的に処理を行える点もメリットといえます。

大企業であれば、オペレーターが入力した一日の会社のすべてのデータを自動的に基幹システムに反映する独自プログラムを開発して運用することも可能です。しかし、小さな会社では自社でソフトウェアを開発できないため、このようなシステムが不可欠です。

人材派遣管理システムは会社の規模で選ぶのがおすすめ!

人材派遣管理システムは会社の規模で選ぶのがおすすめです。価格も一人用(スタンドアロン)でも約50万円と高価で、クラウド版だと約100万円、パッケージ版だと約200万円と高額です。人材派遣会社は、小規模な事業所も多く、事務員が一人で自社スタッフと派遣スタッフを管理している場合もあります。

このような場合は、スタンドアロン版を購入すれば50万円の費用で済むので経済的です。管理スタッフが3名から5名くらいの規模の会社なら、5ライセンス版を購入すれば対応できます。同程度の費用でクラウド型も使用できますが、自社の設備が充実していてある程度PCに詳しいスタッフがいる場合は、パッケージ版でも大丈夫です。

新規参入の会社で、ノートパソコンが数台しかないというなら、クラウド版がベストでしょう。これなら、クラウドにいつでもどこでも接続できるので、営業スタッフでもログインして使用できます。

最も高度なパターンは自社の基幹システムと連携させる場合です。この程度のシステムとなると支店が複数あるような大きな規模の会社になります。この場合は、クラウド版でもパッケージ版でも対応できますが、使用する機能によって選びます。また、独自にプログラムの開発も必要になるため、費用は別途かかることになります。そのため、システム導入の際は、技術力のある会社に依頼することがおすすめです。

 

さて、ここまで人材派遣管理システムを紹介してきました。ポイントは社員の数とシステムを利用する人数によって選ぶことでコストを抑えられます。また、比較サイトで機能や価格をじっくりと見ることが、よいシステムを導入するために必要不可欠です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧