費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

スタッフの抵触日を把握してる?管理方法は?

派遣スタッフが勤務する場合、基本的に派遣期間の制限が決められていて同じ職場でずっと働くことはできません。労働者派遣法では最長3年と定められていて、同じ事業所の組織の中で派遣スタッフとして働けるのは3年が限度になります。

抵触日は派遣期間の制限を過ぎた初めての日で、法律で禁止されているルールに抵触する日という意味です。

派遣期間は法律によって決められている

抵触日はいくつか種類があり、個人に適用されるものと事業所に適用されるものがあります。

個人単位の抵触日に関して、派遣スタッフが同じ事業所の組織単位において働くことのできる期間の抵触日で、この組織単位は会社のことではなく厚生労働省が想定する組織単位になり課やグループにあたります。例えばある株式会社の人事課に派遣される場合、3年後にその株式会社の経理課などに派遣することは可能です。

事業所において適用される抵触日は一つの事業所でスタッフを雇用したり続けられる派遣期間の抵触日を意味しています。但し、抵触日は条件付きで引き伸ばすことができたり、派遣先の過半数労働組合などに意見を聴取することによって、1回3年間以内の期間において延長することが可能です。尚、同じスタッフを同じ組織単位において継続し受け入れることはできません。別のスタッフと契約することになるでしょう。

派遣業者にとってすべてのスタッフの動向を管理することは重要な仕事で、中でも抵触日はきちんと把握しておかなければいけません。従来抵触日を管理するのにエクセルなどを使って管理していたところが多いですが、近年人材派遣管理システムを導入している企業が増えています。インターネットなどを活用してシステム化することによって入力ミスなどを防ぐことができ、コスト改善や業務効率化に繋げることができます。

抵触日などの必要な項目を管理できる

人材派遣管理システムを導入している企業は増えていて、抵触日などのさまざまな項目に関して管理することができます。例えば派遣スタッフの情報を管理したり、求人情報を登録することが可能です。

契約や勤怠、給与計算といったさまざまな機能が付いたソフトがリリースされていて、データ形式で保存していたエクセルと違って、ファイル形式で保存する方法が多いのデータが消えたり誤って上書きするようなリスクを抑えることができるでしょう。

現在いろいろなシステムを開発している業者が多く、業務をシステム化することによって業務改善を図っている企業が多いです。いろいろな人材派遣管理システムが提供されているので、自社に必要な機能を選択することができたり、リーズナブルな価格利用することができるでしょう。

システム化するといろいろなメリットがあり、例えば登録している派遣スタッフ情報を検索するのに便利です。社内における情報共有に役立つことができたり、求人情報とのマッチングすることができる機能もあるので、登録中の派遣スタッフに求人情報を紹介することができます。勤怠管理や給与計算などもスムーズに行うことができ、システムを導入することによって一元管理することが可能です。

抵触日について人目で把握することができるので、次のスケジュールを立てやすくなります。年末調整などの便利な機能があり、自由にカスタマイズすることができるソフトも中にはあるので便利です。

ライセンスやクラウドタイプがある

人材派遣管理システムを導入すると、派遣スタッフの抵触日などをきちんと管理することができるので便利です。いろいろなソフトがリリースされているので、費用面などを検討してみると良いでしょう。

安いからと言って導入してしまうと、後で高機能且つサポート体制が整ったソフトに変えたいという事態になるかもしれません。自社に必要で充実した機能が搭載されているソフト導入がおすすめです。

人材派遣管理システムによって搭載されている機能は異なり、既に給与計算システムがあるので併用することができるシステムを導入したいなど、必要とする機能を明確にしておく必要があります。必要のない機能が付いていると作業が複雑になるかもしれないので注意が必要です。

システムによってカスタマイズすることができるものがあり、会社の規模に応じて導入を検討してみると良いでしょう。システムにはライセンス版やクラウドサービスタイプがあり、一般的にライセンスは買い切りタイプでアップデートには対応していないものもあります。多様な機能が搭載されていることが多く、大規模な会社において導入されていることが多いです。

クラウドサービスタイプは随時アップデートすることができたり、必要な機能を追加することができます。法改正時もスピーディに対処することができ、気軽に始めることができるので小規模な会社向きです。抵触日や勤怠管理など、自社に必要な機能があるシステムがおすすめです。

 

派遣スタッフを管理するのに抵触日は重要な項目で、法律によって定められています。人材派遣管理システムを利用すると適切な派遣スタッフを管理することができ、勤怠管理などを同時に行うことが可能です。ライセンス版やクラウドサービスタイプを選択することができます。比較したい人材派遣管理システム

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧