費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

管理システムでスタッフ情報を熟知!営業力を飛躍させよう!


人材派遣管理システムは主に派遣先でスタッフの勤怠を管理するために使用されます。スタッフの個人情報を管理する以外にも顧客とのマッチングや給与計算、派遣先への請求に関わる機能なども備えています。人材派遣管理システムには様々なものがあるので、最適なものを選ぶ必要があります。

人材派遣管理システムを導入すれば営業力が向上

人材派遣管理システムを使用せずにスタッフの勤怠管理を行う場合、手間と時間が必要になります。派遣先やスタッフの数が多くなるほど管理するのが大変です。人材派遣管理システムを導入すれば素早く的確に管理業務を行うことができます。

システムには様々な情報を紐づけできるというメリットもあります。多くの情報が別々に保存されている場合、それらの情報を管理するには労力が必要です。システムを活用すれば一元的に情報を管理できるので、素早くミスをせずに必要な情報を利用できます。

情報の一元化は様々な手間を省くのに有効です。管理業務をスムーズに行えば、営業に専念できるようになります。人材派遣管理システムはスタッフに関する情報を一元的に管理できます。個人情報だけでなく現場の情報も素早く反映させることが可能です。

スタッフの能力や現場の状況を確認しながら、顧客からの要望に素早く対応することができます。派遣スタッフの情報を一元管理すれば、社内では常に情報を共有できるようになります。担当者が急病などで休んでいる場合でも社員同士が情報を共有していれば安心です。何らかのトラブルが発生したとしても適切に対処することができるでしょう。

顧客からの要望に素早い対応を行えば、顧客満足度が高まります。人材派遣システムを導入すれば、管理作業を効率的に行えるだけでなく営業力の向上に役立ちます。

人材派遣管理システムには様々な機能がある

人材派遣管理システムを利用すればスタッフの稼働率を簡単に確認できます。一目で稼働率が分かるようになっているので、担当者が集計する必要はありません。仕事の配分状況やスタッフの能力など詳細な情報を素早く確認できます。稼働率が低いスタッフがいる場合には、担当者が積極的に連絡をして仕事を振り分けることも可能です。

システムを導入すると全スタッフに関する情報が社内で共有されます。スタッフの検索を簡単に行うことができます。現場で必要とされる能力を持つスタッフの絞り込みも容易です。人材の数が増えるほどシステムによる情報の一元管理が威力を発揮します。社内で全社員が情報を共有すれば、様々な課題を解決しやすくなるというメリットがあります。

システムには様々な機能が備えられています。個別契約書や派遣元・派遣先の管理台帳、就業条件の明示書などを出力できるものも存在します。人材派遣会社では給与計算や派遣先への請求など、資金関係の計算を行わなければなりません。非常に重要な業務ですがミスが発生する可能性もあります。システムを導入すれば資金関係の計算業務を素早く行うことができるだけでなく、ミスを少なくすることも可能です。

一般的に様々なシステムが登場してきており、備えられている機能にも違いが存在します。導入や維持に必要となる費用だけでなく、システムが備える機能についても十分検討した上で選ぶことが大切です。

人材派遣管理システムを導入する際の注意点とは

人材派遣管理システムを導入して営業力を向上させるには、まずシステムの特徴を把握することが大切です。各システムで備えられている機能が異なります。業務に必要な機能を備えたシステム選ぶ必要があります。

最も基本的な勤怠情報の管理のみが可能なものもあればシフト管理や仕事の振り分け、給与計算などができるものも存在します。業務内容や導入・維持に必要な費用などを十分検討した上で最適なシステムを選ぶとよいでしょう。使える機能が増えるほど価格は高額になります。

また導入後に関連する法令が改正された場合など、状況に応じてアップデートされるものも存在します。勤怠管理のみが必要な場合には、最も基本的なシステムを選ぶとよいでしょう。機能が少ないので導入・維持にかかる費用を抑えることができます。

総合的にスタッフ情報の管理や給与計算などを行いたい場合は、必要な機能を備えたものを選びます。社会状況の変化に対応してアップデートされるタイプのもの選べば、より効率的に業務を行うことができます。

人材派遣管理システムには様々な機能がありますが、特にマイナンバーの管理は重要です。マイナンバーは平成28年1月に開始されました。古いシステムの中には対応できないものも存在します。状況変化に対応してアップデートされるタイプのシステムであれば安心です。人材派遣管理システムを導入する際には、マイナンバー制度に対応しているかどうかを事前に確認するとよいでしょう。

 

人材派遣管理システムの基本的な機能は派遣先で働くスタッフの勤怠管理です。単に勤怠の管理のみを行いたい場合は、最も基本的なシステムを選ぶとよいでしょう。機能の数が増えるほど価格も高くなります。自社の業務に必要な機能を備えたものを選ぶことが大切です。社会状況の変化に対応してアップデートされるタイプのシステムを選べば、より効率的に業務を行うことができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧