費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

計算ミスはない?絶対に間違えられない給与計算

企業経営をするうえでは給与計算を正しくおこなって従業員からの信頼を得つつ、正しく予算を運用できるようにするのが肝心です。

しかし、経理担当者がマニュアルで給料を計算しているとうっかり計算ミスをしてしまうかもしれません。計算機などを使用していたとしても入力間違いを起こしてしまうリスクがあるでしょう。

派遣会社では給与計算がかなり大変

給与計算を正確におこなう大変さは一般企業にもありますが、実は派遣会社ではかなり大変だという事実があります。社員一人一人に対して給料がいくらになるかを毎月計算しなければならないのは同じではあるものの、社員の勤め先や派遣開始時期、派遣終了時期などが異なるのが大きな問題になるのです。

同じ社内で全社員の給料を取り扱うのであれば一元化された計算式を作ってまとめて計算してしまうこともできるでしょう。勤怠管理についても統一化された打刻の仕方があり、慣れてしまえばルーチンで処理することも可能です。

しかし、派遣先が社員ごとに違うので勤め先から渡される勤務表ごとに柔軟に対応して給与を算出しなければならないこともあります。簡略化のためにフォーマットを用意して派遣先に記入してもらうという場合もありますが、不備が見つかって問い合わせなければならないことも多いのが問題になりがちです。

一方、派遣時期が違う影響で給料体系が変わるタイミングが従業員ごとに異なります。一般企業では年次昇給のときに一括して給料の計算方法を変更すれば良いというのが通例です。しかし、派遣会社では派遣期間が終わったら支給を止め、派遣が開始されたらその契約に従った計算方法を適用する必要があります。

ただ時期が違うだけでなく、時給制、日給制などの違いや残業手当の差なども考慮して計算方法を設定しなければならず、うっかり前の条件を適用して間違えてしまうこともあるので大変なのです。

給与計算システムを導入してもミスは起こり得る

給与計算の正確さはどの企業でも求められることで、何度も検算をして誤りがないことを確認してから手続きを進めている現場もたくさんあります。ただ、その人件費がかなりかかってしまうのも問題になるでしょう。そのため、情報システムによる効率化が進められていて、給与計算システムを導入している企業も多くなりました。

社員一人一人に対して簡単に給料の計算方法を設定できる仕組みになっていて、給与明細書の発行までできるシステムになっています。勤怠管理システムとの連携も取れているなど、一般企業であれば運用価値が高いシステムというのが通例です。

しかし、派遣会社では運用しにくくてミスも起こり得るので気をつけなければなりません。派遣先が変わったときに、その都度システム上でも給料の計算方法を入れ直さなければならないことに違いはありません。それを忘れてしまったために間違った計算で給料を出してしまうということもあり得るのです。

もともと派遣会社の実態に合わせて作られたシステムではないためにこのようなトラブルが起こってしまうリスクが高くなっています。

派遣管理と一元化したシステムを使おう

給与計算を簡単かつ正確におこなえるようにしようと考えたら人材派遣管理システムを厳選して導入するのが効果的です。もともと社員の派遣先を管理するために人材派遣管理システムを利用していることは多いでしょう。

そのシステムの中に給与計算システムが組み込まれていれば一元管理することができます。派遣先が変わったときにも派遣契約の内容を入力するだけで給料を正しく計算できるようになるのが魅力です。

契約情報の入力時には給料体系や金額、手当の扱いなどについて詳細に入力して管理できるようにするのが一般的になっています。その情報をそのまま使用して給料を計算する仕組みになっているので、転記ミスによるトラブルが発生するリスクもありません。最初の入力時点で誤りがないかをチェックし、本人や派遣先にも内容を確認してもらうようにすればずっと安心して運用することができるでしょう。

このように一元化したシステムを使うことでヒューマンエラーをかなり減らせるだけでなく、チェック体制も整えやすくなるのでいつも正しく給与計算がおこなわれるようにできるのです。

 

派遣会社では社員一人一人の派遣先、派遣期間、給料体系が異なっているので、一般企業に比べても給料を計算するのが大変になりがちです。ミスをしないようにするのは企業として信頼を得るためにも、予算を正しく運用するためにも欠かせないことでしょう。

一般的な給与計算システムは派遣会社向きに作られているわけではないので、導入してもやはりミスが起こってしまうリスクがあります。

給料に関する適切なシステム組み込まれている人材派遣管理システムを使用するのが合理的な対策です。派遣会社で運用するのに適したシステムにカスタマイズされているのが魅力で、操作が簡便でありながらも正確で、安心して利用できるようになっています。こちらから人材派遣管理システムを比較してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧