一級建築士資格の難易度と合格率は?

公開日:2020/05/15  

建築関係の仕事で重視される資格としては、建築士が代表的なものであり、特に一級建築士を持っていると高く評価されることとなります。建築関係の仕事に従事にしている多くのエンジニア等が合格を目指しているので、受験者数もかなり多く、合格率も低いものとなっており、取得難易度も非常に高いです。

資格学校を利用すると合格のチャンスが上がる

一級建築士試験は非常に難易度が高い資格試験であり、だれでも受験することができるものではなく、大学の建築関連の学科を卒業することなどが条件になってきます。試験で出題される範囲は、建築に関する幅広い分野であり、計画、環境、構造や設備、施工や法規等から出題されることとなります。各分野の専門知識を持っている実務経験者でも、実務と関連が薄い科目で得点を得るためにはかなりの勉強量が必要となります。

また、択一試験に合格した後は、製図試験を受けて合格をすることが必要となっており、製図試験にもかなりの勉強量を確保することが要求されます。学科試験は、各科目の足切りラインが設定されているので、苦手科目もしっかりと勉強をして最低基準をクリアできる程度の知識を身につけることが求められるでしょう。

学科試験の合格率は、割と低くなっており、毎年受験者の2割程度の合格率となっているので、かなりの勉強が必要です。受験者の多くの人は、受験予備校を利用している人が多くなっているので、独学で勉強をしている人は、試験に対する情報量では不利になることがあります。

受験対策をおこなっている資格学校では、受験のための効率的な学習方法や試験で出題される傾向が高い項目などを効率的に学ぶことができるので、勉強時間を有効に使うことができます。働きながら一級建築士合格を目指している人は、勉強時間を確保するだけで大変なので、資格学校で効率的に学習をしたほうが合格が近くなります。

特に製図試験は、ノウハウがある資格学校のほうが、効率的にプランニングを建てたり、図面を描いたりする良い方法を教えてもらうことができるので、利用するメリットは大きいです。資格学校を利用する場合には、学費等が必要となるので、受験のための出費がかなり大きくなってしまいます。

同じように建築士試験合格を目指している受験生のレベルを間近に見て、刺激を受けることができるという点も、受験予備校を利用する利点の一つとなります。独学で学習を進めている人と、資格学校を利用している人では、学校を利用している人のほうが、比較的合格率は高くなる傾向にあるので、利用したほうが合格が近づきます。

基礎を事前に固めておくと有利

一級建築士で出題される問題の基本的な項目は、専門学校や大学の授業で学習する範囲が多いので、学生時代から試験合格を見据えて、真面目に授業に取り組んでおくと良いでしょう。特に構造力学や構造計算の問題については、独学で一から理解するにはかなりの苦労が必要となるので、大学在学中にしっかりと基礎を身につけておくと有利になるでしょう。

また、建築設備関係の科目についても、独学で理解をするにはかなりの学習量が必要となって仕舞うので、学生の間にしっかりと興味をもって学習をしておくと良いです。取得難易度が非常に高く、合格までにかなりの学習量が必要となる一級建築士試験ですが、学生時代の基礎固めが学習の効率に影響することになります。

建築法規試験では、法令集の持ち込みが認められているので、法令集の効率的な引き方をしっかりと身体で覚えておくことが重要となります。試験時間は限られているため、全ての問題を法令集を見ながら解いている時間はないので、基本的な項目はある程度暗記をしておくことも必要となります。

法令問題は慣れることも重要となるので、繰り返し問題を解いていけば、徐々に問題の傾向に慣れていくことができるでしょう。施工に関しての問題は、暗記する項目が多くなっており、普段から施工関係の仕事に取り組んでいる人にとっては正解しやすい問題が多くなっています。

施工に関してあまり知識や経験がないという人は、なかなかイメージをしにくい部分が多いので、写真等を見ながらイメージを持てるようにすると得点を取りやすくなります。難易度がとても高い建築士試験は、直接本番の受験をするのではなく、定期的に模試などを受けて自分の実力を確かめておくことが有効となります。

模試を通じて自分の弱点となる部分などを見つけて、その分野を重点的に学習することで、トータルの得点をアップさせていくことができます。模試などは資格予備校などが開催しており、予想問題なども出題されることが多いので、学習にも役立てることができるでしょう。

就職に有利であり仕事の幅も広がる

一級建築士は難易度が高くて、簡単に合格をすることができないので持っていると就職にかなり有利に働くことになります。実務経験を必要とする職場でも、建築士を持っていることで高く評価されることになり、面接の際にアピールポイントとすることができます。

資格試験の認知度も高いので、一級建築士を持っている人は、ある程度の知識を持っていることがわかるので、求人を求めている企業も応募者の実力を判断しやすくなります。資格を持っていると建設業や設計事務所への就職が有利になるだけではなく、設計者として独立開業をすることもできるでしょう。

自分で設計事務所を立ち上げて仕事を取ることで、一国一城の主として責任ある仕事をすることができるようになります。一級建築士の活躍する場は、設計事務所や建設会社の他に、不動産会社の事業を企画するような部門でも活躍することができるでしょう。不動産会社でも一級建築士の資格保有者を求人で募集しているところが多いので、資格を取得している人は応募することができるでしょう。

また、行政機関や建築関係の実験をおこなっている機関でも資格を持っている人を募集していることがあるので、挑戦をすることができるようになります。一級の試験は難易度が高い資格であり、合格院はかなりの労力が必要とされますが、合格をすることができれば、自分に自信を持つことができるようになります。建築の専門家として頼りにされる機会も多くなるので、プロとして自覚をもって仕事を続けていくことができるようになります。

 

一級建築士試験は建築関係の資格試験の中でも難易度が非常に高いものとなっており、毎年の合格率もかなり低くなっています。試験で出題される科目分野も幅広くなっているので、建築に関して幅広い知識を身につけておくことが必要となります。出題される問題の基礎的な内容については、大学や専門学校で学習することができるので、学生の間に基礎をしっかりと身につけておくと、試験の勉強を効率的におこなうことができます。

働きながら合格を目指している人の場合には、学習時間を確保するだけで大変なので、効率的に学習をすることが重要となります。資格の専門学校は学費は掛かりますが、受験のノウハウなどの情報を学ぶことができるので、合格に必要なスキルを効率的に身につけていくことができます。合格率が低く、取得までかなりのエネルギーが必要となるので、取得後は高く評価されるようになり、就職の際には有利になることでしょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

「建築設計業に興味があるけど、未経験だと採用されにくそう」と、未経験での転職は尻込みしてしまう方もいるでしょう。未経験から異業種への転職は難しいともいわれますが、転職エージェントを利用すれば

続きを読む

未経験から建築設計業への転職は難しいと思っている方は多いでしょう。実際、資格や実務経験があった方が転職には有利です。しかし、さまざまな理由から今や未経験でも建築設計業は転職しやすい業界とされ

続きを読む

志望動機は採用担当者がどのような人物なのか、会社に興味をもった理由を知るための手段です。志望動機を疎かにしてしまうと、企業に就職したい気持ちは伝わらなくなります。とくに建築・設計業界は人気が

続きを読む

20代の方は経験が浅いことも多いので、転職のプロである転職エージェントを利用するとスムーズな転職ができるかもしれません。スキルが少なくても知識を身につける方法や自己アピールの見せ方など、1人

続きを読む

「職務経歴書の上手な書き方が知りたい」そう思っている方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの職務経歴書の書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで書類選考を突破しやすい職

続きを読む

「自己PRって何を書けばいいのだろう?」そう悩む方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの自己PRの書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで、ポイントを押さえた読みやすい

続きを読む

「自己分析をしてから転職をした方がよい!」と聞いたことはあるけど「なぜだろう?」と思う人もいるのではないでしょうか?自己分析はすごく重要です。ここでは転職活動を始める前に自己分析をする意味と

続きを読む

中途採用の方はこれから育てるという目線よりも「即戦力になるのか?」ということが重要視されます。保持している資格・免許をただ並べて書くだけではいけません。この記事を見ていただくことで、履歴書に

続きを読む

転職活動には、転職エージェントを利用する方法と自分で行う方法の2種類があります。転職エージェントは利用することで転職に関するさまざまなサポートをけられますが、利用がおすすめできない人も一定数

続きを読む

転職活動を始めるにあたって、最初に転職方法を検討しておくことは非常に大切です。そして、転職エージェントを利用する転職では、担当者との相性が合わず悩む方も少なくないのではないでしょうか。そこで

続きを読む