建築設計の転職エージェントを利用すれば自分では言いにくい条件交渉も行ってくれる

公開日:2019/01/15  

建築設計関係の仕事をしている方が転職を考えた時、自分で情報を集めて転職先を探すでしょう。

しかし、一人で転職活動を行っていると十分な情報を集めるのは大変で、希望するような条件で転職をするのが難しいという問題点があります。

こういった弱点をカバーするためには転職エージェント尾を利用した活動方法がおすすめです。

 

転職エージェントは誰でも利用できる

転職エージェントというと特別なスキルがある人だけが使うものだと言うイメージを持っている人がいるようですが、誰でも利用することができます。

最近では色々な分野に分かれているので、建築設計をしている方の場合には、建築設計を専門に取り扱っているエージェントを利用することができます。

特別な資格や経験はいらないので、どんな人でも登録をすることができ、ほとんどが無料で利用できるでしょう。

これはエージェントが掲載している企業から紹介料をとっているからで、お金をかけてでも優秀な人材を確保したいという希望のある企業がエージェントに依頼をしているからです。

エージェントは企業からの情報と転職希望者の情報を照らし合わせて、条件が合うもの同士をマッチングしていく作業を行っています。

転職エージェントの仕事は希望者が転職に成功することなので、転職に関するもろもろのことをサポートしてくれますし、企業との橋渡し的な存在にもなっています。

登録はインターネットで簡単にできるところがほとんどなので、気になるエージェントを見つけたら登録をして情報をみてみると使い方がわかると思います。

 

転職エージェントに登録をした後の流れ

転職エージェントに登録をすると、多くは時間をあけずにエージェントのから連絡がきます。

どのような条件で転職先を探しているのか、優先順位の高い条件、またすぐに転職をしたいのか、良いところがあれば転職したいのかなどを伝えます。

建築設計をしている人は転職をする時には区切りの良い時期を探して転職する人が多いかもしれませんが、中には今の職場よりも良い条件のところがあれば、いつでも転職をするという考えの人もいます。

そういった希望も詳しく聞いておき、それぞれに合った方法でサポートが開始されます。

もちろん途中で希望内容を変更することもできますし、転職希望を取りやめることもできます

ひとこと転職活動を中断するということだけを伝えれば良いので、必ずしも転職をしなくてはいけない訳ではありません。

転職ってどんなだろうという段階で登録をする人もいるので、まずは気軽に録をしてみて担当者と話しをしてみることをおすすめします。

話しているうちに自分の気持ちもまとまってくるはずです。

 

希望する求人が見つかったらまずしておきたいこと

転職エージェントに登録をして、自分が希望する内容の求人先が見つかった時にはすぐに担当者に連絡をしましょう。

エージェントの中には登録をしなくても求人情報が確認できるところもあるので、先に情報をみて気になるところがあってから登録をすることもできます。

どちらにしても、まずは担当者を通して求人先に面接などの依頼をします。

その時に不安に思っていることやわからないことがあれば、直接求人先に問い合わせをしてもいいですし、担当者に聞いてみることもできます。

求人情報をみるだけであれば、登録をしなくても良いところもありますが、応募をしたいと思った時には必ずエージェントを通すようにしましょう。

登録をしていない人には全ての情報を公開していない企業もあるので、面接を行う前に細かな内容を知るためにも登録をして、直接担当者から詳しい内容を聞くことが重要です。

その後の面接などの日程決めは担当者が代行して企業とやりとりをしてくれます。

時間のある人や直接自分で決めたいと言う場合には担当者を通さずに電話やメールなどで日程調整をすることもできます。

 

もしも条件の良い求人が見つからなかったら?

登録をしても自分の希望にぴったりと合うような求人が見つからない場合には、転職に対する条件が厳しすぎる可能性もあります。

すでに建築設計をしている人であれば、だいたいの相場のようなものはわかっていると思いますが、専門分野が少しでも変わると相場が変わってくることがあります。

また時代によっても変化するものなので、いまの現状に合わないような希望を出していると一致することが難しくなります。

希望に合うところがないという場合には、もう一度相場をみて自分の希望が大きくずれていないかを確認しましょう。

転職をする時期にこだわっていないのであれば、希望に合った求人がでるまで待つという方法もあります。

求人は全てが一点物なので、待っていれば希望に近い求人が見つかる可能性もあります。

時間をかければ必ず良い求人があるとは限りませんが、数カ月程度様子をみることをおすすめします。

時期によって求人数が多い時期と少ない時期があるので、求人が多い時期まで待つと、より良い条件の求人が見つかる可能性が高くなります。

そういったことも担当者に聞いてみると実情がよくわかると思います。

 

担当者が代理で企業と交渉してくれる

転職エージェントを使う時の最も大きなメリットは、自分の代わりに担当者が連絡をしてくれるところです。

これから就職をしたいと思っている企業に質問をする時には大変緊張するものです。

その時の態度によって就職できるかどうかに影響がでると思うと言いたいことも言えなくなってしまう事態になることもあります。

そういった時に担当者に依頼をしておけば、自分の代わりに企業と話しをして希望する内容に近づけるための手助けをしてくれます。

給与を上げてほしいなど自分では言いにくいことも担当者からであれば問題なく交渉できることでしょう。

交渉をせずに我慢したまま転職をしてしまうと不満を持ったまま新しい職場に移ることになり、ストレスの大きな生活をする羽目になります

できるだけ自分の希望に近づけることで、次の仕事への意欲アップにもつながりますし、それがあれば長く働き続けることができるようになるでしょう。

完全に希望が通らなくても交渉をしてみることで、最初よりも良い条件で転職をすることができるかもしれません。

担当者の人に素直に希望を伝えてみましょう。

 

担当者がつくので何でも相談することができる

転職エージェントに登録をすると、はじめに担当者が決まります。

担当者は転職にまつわることであればどんな内容でも相談に乗ってくれます。

仕事関係のことだけでなく、プライベートなことも転職に関わってくることが多いと思います。

子供が小さいので休みがとりやすい職場が良いなど、私生活に関することも担当者に伝えておくことで、希望する働き方ができる企業を探してもらえます。

人によって希望内容に違いがあるので、自分がなにを一番優先させたいかをしっかりと整理して担当者に伝えましょう。

企業の情報は担当者だけで調べることができますが、転職者の希望は自分で言わなくては伝わりません。

全ての希望を満たすのではなく、優先順位を明確にしておくことでマッチングする企業の数を多くすることができます。

いくつかの職場をみることで自分が求めているものを見つめ直すことができますし、本当に大事にしたいものがわかってくるかもしれません。

担当者にはそういった自分の気持ちも適宜伝えていき、精神的な面でもサポートしてもらいましょう。

精神的に安定した状態を保つことは転職を成功させるために必要なことです。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

「建築設計業に興味があるけど、未経験だと採用されにくそう」と、未経験での転職は尻込みしてしまう方もいるでしょう。未経験から異業種への転職は難しいともいわれますが、転職エージェントを利用すれば

続きを読む

未経験から建築設計業への転職は難しいと思っている方は多いでしょう。実際、資格や実務経験があった方が転職には有利です。しかし、さまざまな理由から今や未経験でも建築設計業は転職しやすい業界とされ

続きを読む

志望動機は採用担当者がどのような人物なのか、会社に興味をもった理由を知るための手段です。志望動機を疎かにしてしまうと、企業に就職したい気持ちは伝わらなくなります。とくに建築・設計業界は人気が

続きを読む

20代の方は経験が浅いことも多いので、転職のプロである転職エージェントを利用するとスムーズな転職ができるかもしれません。スキルが少なくても知識を身につける方法や自己アピールの見せ方など、1人

続きを読む

「職務経歴書の上手な書き方が知りたい」そう思っている方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの職務経歴書の書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで書類選考を突破しやすい職

続きを読む

「自己PRって何を書けばいいのだろう?」そう悩む方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの自己PRの書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで、ポイントを押さえた読みやすい

続きを読む

「自己分析をしてから転職をした方がよい!」と聞いたことはあるけど「なぜだろう?」と思う人もいるのではないでしょうか?自己分析はすごく重要です。ここでは転職活動を始める前に自己分析をする意味と

続きを読む

中途採用の方はこれから育てるという目線よりも「即戦力になるのか?」ということが重要視されます。保持している資格・免許をただ並べて書くだけではいけません。この記事を見ていただくことで、履歴書に

続きを読む

転職活動には、転職エージェントを利用する方法と自分で行う方法の2種類があります。転職エージェントは利用することで転職に関するさまざまなサポートをけられますが、利用がおすすめできない人も一定数

続きを読む

転職活動を始めるにあたって、最初に転職方法を検討しておくことは非常に大切です。そして、転職エージェントを利用する転職では、担当者との相性が合わず悩む方も少なくないのではないでしょうか。そこで

続きを読む