建築設計業が未経験でも転職しやすい理由について詳しく解説!

公開日:2022/02/15  


未経験から建築設計業への転職は難しいと思っている方は多いでしょう。実際、資格や実務経験があった方が転職には有利です。しかし、さまざまな理由から今や未経験でも建築設計業は転職しやすい業界とされています。今回はその気になる理由について詳しく解説していきます。転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

建築設計業が未経験でも転職しやすい理由

建築設計業は未経験でも転職が可能な職業です。スキルも資格もないけど…と不安に思う方もいるかもしれませんが、建築設計業は未経験者の求人も多く、資格を取れば長く続けることもできるため、挑戦してみたい人にはぴったりの業界です。

では、なぜ建築設計業は未経験でも転職がしやすいといわれるのでしょうか。その理由について詳しくご紹介します。

建築設計業の人手不足

職人の高齢化が進み、建築設計業界は人手不足が深刻な問題となっています。55歳以上の働き手が30パーセント以上を占める建築設計業界では、今後も一気に定年を迎えて離職する人が増えるため、若い社員をどんどん増やしていく必要があります。本来は資格を持っていた方が就職に有利といわれる業界ですが、人を集めたいという理由から未経験者の募集も積極的に行っています。

ハードな仕事という理由から求人が集まりにくい

建築設計業というと、肉体労働、暑い中、寒い中でも働かないといけない、ハードな仕事というイメージを持つ方もいることでしょう。確かに現場で働く作業員の仕事はハードで、激務といっても過言ではありません。このようなイメージから、充分な休みが欲しい、疲れない仕事がしたいという若い世代から敬遠されやすく、応募が少ないというのが現実です。

また、実際に建築設計業に就いたけれどハードな仕事についていけずに、辞めてしまう人も多くいます。募集をしても人が集まらない、さらに離職者も多いとなると、未経験者に来てもらわないと人手不足がさらに進んでしまう恐れがあるのです。

働きながら資格取得を目指せる

建築設計業は専門職ではありますが、必ずしも初めから資格を持っていないと就けない職業ではありません。多くの人が仕事をしながら、職務に必要な資格を取っています。何もない状態から資格を取ろうとすると、イメージも湧きにくいかもしれませんが、実務を通して知識やスキルを身につけながら資格取得を目指せるので、未経験者であっても働きやすい環境です。

また、資格保有者がいた方が請け負うことができる仕事の幅が広がることから、会社も資格取得をサポートしてくれることが多いでしょう。

未経験者が欲しい会社もある

長く建築設計業界で働いている職人にはそれなりの知識や技術があるものです。しかし、雇う側には逆にその知識がじゃまになってしまう場合があります。同業種からの転職者が前の仕事のやり方で今の会社の仕事を進めてしまう、やり方に口出ししてきてやりづらいと悩む経営者も多いといわれています。

そこで経営者は経験者よりも未経験者を雇って、自分の会社のやり方を教えながら育てたいと考え、あえて未経験者の募集をしている場合があります。

未経験の方は転職エージェントの利用がおすすめ!

未経験でも就ける仕事とはいっても、多くの職種がある建築設計業。自分の適正がわからない、入社してから自分には難しかった、とすぐに辞めてしまうケースも多いでしょう。そこで、建築設計業の業界にあまり詳しくないという方は転職エージェントを利用した転職活動をおすすめします。転職活動をする時にハローワークや転職サイトを利用している人は多いでしょう。

しかし、気に入る求人がなかったり、会社の情報が少なく、どんな会社かいまいちわからなかったりという経験があるのではないでしょうか。さらに、自分主体で転職活動を行わないといけないため、不安や疑問も多く壁にぶつかってしまう人もいます。転職エージェントはそんな求職者の不満や不安を解決してくれるサービスです。ここでは、転職エージェントをおすすめする理由についてご紹介しますので参考にしてみてください。

多数の求人で未経験歓迎の仕事が見つかりやすい

転職エージェントの最大のメリットは求人情報数が多いことです。非公開求人も含め、これまで見つからなかったよい仕事に出会える可能性が高くなります。未経験者歓迎の仕事も見つかりやすくなるといえるでしょう。

自分の適正に合った仕事を紹介してくれる

建築設計業で働く場合、さまざまな職種を選ぶことができます。その中でも自分に一番合った仕事が何なのか、やりたいことが明確であればすぐに決められるかもしれませんが、迷ってしまうこともあるでしょう。そこでキャリアアドバイザーが求職者に合った仕事を選び、紹介してくれます。自分が想像もしなかった仕事を紹介されることもあり、仕事の選択肢が広がることでしょう。

建築設計業に詳しいアドバイザーからの情報を得られる

転職を希望している業界ではあるけれど、実はあまり詳しくない…という場合でも転職エージェントを利用すれば、自分の力では知り得なかった情報を手に入れることができるかもしれません。

とくに、建築設計業に特化した転職エージェントを利用すれば、建築設計業に詳しいキャリアアドバイザーからのサポートを受けることができます。会社の情報だけでなく、就職事情、未経験からならどんな職種から始めるとよいか、といったことまでアドバイスしてもらえることがあります。

転職エージェント利用時に注意するべきポイント

未経験者の転職に有益な転職エージェントですが、利用時には注意するべきポイントがあります。利用してみたけれど想像と違った、とがっかりしないために、デメリットについてもしっかり頭に入れておきましょう。

自分に見合わない求人を紹介される場合もある

キャリアアドバイザーは企業の情報と求職者の情報を掛け合わせ、双方の希望や適性からマッチングを行います。しかし、採用が決まらない状態が長く続くとあまりマッチングしない企業の応募を勧められることがあります。

また、妥協を求められることもあるでしょう。応募するか否かは自分次第ですが、自分のスキルや希望に合っていない求人はきっぱり断ることが大切です。時間がかかっても自分が納得のいく応募がしたいことを、あらかじめ担当者に伝えておくとよいでしょう。

希望の求人に応募できない場合がある

転職エージェントが企業に求職者を紹介する前に、転職エージェントが先に求職者についての選考を行う場合があります。企業が求める人材を確実に紹介しなければならないので、スキルや職歴、経歴といった基準を満たさない場合には、応募の前の段階で却下されてしまうケースがあることも覚えておきましょう。

キャリアコンサルタントとの相性が合わない場合がある

人と人のやり取りが必要なサービスのため、相性がよくないキャリアコンサルタントが自分の担当になってしまう場合があります。また、担当者が自分の求める専門的な知識を持ち合わせていない場合もあるでしょう。

そのような場合には求職者が転職エージェントを利用するメリットも半減してしまうといえます。合わないと思いながら続けることは時間のむだになりますので、すぐに担当の変更を申し出ましょう。何度も担当者の変更を繰り返すようでしたら、転職エージェント自体を変えた方がよいかもしれません。

 

今や特別な資格やスキルがなくても転職が可能な建築設計業。スムーズな転職のために転職エージェントをぜひ利用してみましょう。未経験で不安な転職活動であっても、プロのサポートやアドバイスによって内定に近づくことができるでしょう。未経験だからと尻込みしていた方も、思い切って建築設計業への転職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

「建築設計業に興味があるけど、未経験だと採用されにくそう」と、未経験での転職は尻込みしてしまう方もいるでしょう。未経験から異業種への転職は難しいともいわれますが、転職エージェントを利用すれば

続きを読む

未経験から建築設計業への転職は難しいと思っている方は多いでしょう。実際、資格や実務経験があった方が転職には有利です。しかし、さまざまな理由から今や未経験でも建築設計業は転職しやすい業界とされ

続きを読む

志望動機は採用担当者がどのような人物なのか、会社に興味をもった理由を知るための手段です。志望動機を疎かにしてしまうと、企業に就職したい気持ちは伝わらなくなります。とくに建築・設計業界は人気が

続きを読む

20代の方は経験が浅いことも多いので、転職のプロである転職エージェントを利用するとスムーズな転職ができるかもしれません。スキルが少なくても知識を身につける方法や自己アピールの見せ方など、1人

続きを読む

「職務経歴書の上手な書き方が知りたい」そう思っている方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの職務経歴書の書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで書類選考を突破しやすい職

続きを読む

「自己PRって何を書けばいいのだろう?」そう悩む方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの自己PRの書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで、ポイントを押さえた読みやすい

続きを読む

「自己分析をしてから転職をした方がよい!」と聞いたことはあるけど「なぜだろう?」と思う人もいるのではないでしょうか?自己分析はすごく重要です。ここでは転職活動を始める前に自己分析をする意味と

続きを読む

中途採用の方はこれから育てるという目線よりも「即戦力になるのか?」ということが重要視されます。保持している資格・免許をただ並べて書くだけではいけません。この記事を見ていただくことで、履歴書に

続きを読む

転職活動には、転職エージェントを利用する方法と自分で行う方法の2種類があります。転職エージェントは利用することで転職に関するさまざまなサポートをけられますが、利用がおすすめできない人も一定数

続きを読む

転職活動を始めるにあたって、最初に転職方法を検討しておくことは非常に大切です。そして、転職エージェントを利用する転職では、担当者との相性が合わず悩む方も少なくないのではないでしょうか。そこで

続きを読む