建築設計業のエグゼクティブを扱う転職エージェントとは

公開日:2021/04/01  


建築設計業の求人はバリエーション豊富です。未経験歓迎な求人もあれば経験が最低でも5年はないと応募すらできないといったものもあります。とくに建築設計業で魅力的なのがエグゼクティブ求人です。こうした求人はそこまで多くないので、エージェントに頼って探すのが一番です。転職エージェントに任せることで転職も一気に容易になります。

建築設計業の知っておきたいハイエンド求人

建築設計業のエグゼクティブ求人は魅力的なものです。かなり給料も高くなる分、人気もあります。これは会社によって大きく異なりますが、年収1,000万円を超えるエグゼクティブ求人もあるくらいです。とはいえ、こうした高収入な求人を探すには、転職エージェントに任せるのが一番でしょう。仕事内容も多岐にわたります。

まず、建築設計業のエグゼクティブ求人はデスクワーク主体なものもあれば、現場に出て実際に監督する仕事が結構多いのです。とくに建築設計業ならではといえるのは、現場監督的な仕事が多いことでしょう。

その仕事の規模は大きく、ビルの建築を任されたりすることもあります。それだけ責任重大なので、高収入な理由が伺えるはずです。こうした求人は建築設計業未経験であっても応募できることが特徴になっています。この点については後述するので、興味がある人は確認してください。

ハイエンド求人は専門家に頼む

このような求人は、通常の求人情報サイトなどには出ていません。とはいえ、転職エージェントを利用することによって紹介してもらえる機会が多くなるので、気になる場合は転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。エージェントであれば、かなりハイレベルエグゼクティブ求人を紹介してもらうことが可能です。

しかし、エージェントを利用する際、どこのエージェントであってもよいということではありません。エージェントによっては、ローエンドの求人情報が多いこともあるので、エグゼクティブ専門の転職エージェントが一番でしょう。このようなところであれば、より良質の求人情報も入ってきて転職活動を成功させやすくなります。

そして、気をつけないといけないのが、登録する際に審査があることです。より上質の求人情報を提供するため、審査の制度があるのは仕方のないことかもしれません。審査に通るためにも、しっかりと対策をしてから臨むことをおすすめします。推薦状がないと登録すらできないような転職エージェントもあるくらいです。

ハイエンド求人情報ならではのポイント

こうしたハイエンド求人は特徴も多いです。まず、役職替えなどによって不定期で募集する傾向があります。そのため、ハイエンド求人を探している人は気長によい条件の求人が見つかるまで待つことも大事です。加えて、特定のエージェントだけにしか情報配信されないといったこと多くあります。

このためできるだけ多くの転職エージェントに登録しておいたほうがよいといえるでしょう。応募する際には、仕事内容もしっかりと確かめましょう。ハイエンド求人は仕事内容のバリエーションが比較的豊富なので、担当者にどういった仕事内容なのか聞いておく必要があります。

仕事内容をしっかりと聞かないと、後悔することもあるので注意しましょう。もちろん応募倍率が大変高いことにも念頭に置いておくべきです。中には応募倍率が数十倍という会社も珍しくありません。それだけ多くの人がハイエンド求人を狙っていますから、しっかりと事前準備をする必要があります。通常の転職活動よりも長期間になりやすいので、途中で挫折しないことも大切です。

応募する際の注意点

こうしたハイエンド求人は、応募条件自体がかなり高いことも見逃せません。一定の経験が求められたり、技術士でなくてはいけなかったり、かなり高度な推薦状がないといけなかったりすることも多いです。そのため、しっかりと準備をする必要があります。

他にも、転職エージェントから認められないと、そもそも求人情報を紹介してもらえないことも珍しくないようです。だからこそ転職エージェントの面談時にも気合を入れて臨みましょう。転職エージェントとの面談は第一関門といっても過言ではないので、充分に対策をしていきましょう。

もちろん、リーダーとしての素質が必要になることも特徴です。こうした点をアピールするためにも、充分な経験を積むと有利になります。いずれにしても、一筋縄ではいきませんが転職活動が成功すれば、収入自体も一気に上がることが期待できるので、長期戦でも頑張っていきましょう。転職活動が数年に及ぶこともあるので、仕事をしながら転職活動を続ける人も中にはいます。

選考過程について

こうしたハイエンド求人は選考過程も独特です。書類選考だけでも時間がかかりますし、面接が何度も行われることも珍しくありません。その一方でツテがあれば簡単に転職活動が終わってしまうといったこともあります。やはりこういった難関のハイエンド求人ではこれまでの仕事のツテなども大事になるので、こうした点も事前に理解しておいてください。

困ったことがあったらエージェントに相談することも大事です。相談することによっていろいろなアドバイスをもらうことができます。たとえば、転職エージェントによっては面接対策等もしていますし、推薦状を書いてくれる場合もあります。

他にも、エグゼクティブ求人向けの研修をしており、リーダーシップ能力を磨く機会をくれることもあるのです。基本的にエグゼクティブ求人は自分一人で対処するのはかなり困難なので、しっかりとした転職エージェントを利用しておくことをおすすめします。もちろん、エージェントに頼りきりになるのはいけないので、自発性も求められることも知っておきたいところです。

未経験でも大丈夫なこと

エグゼクティブ求人は他業種からでも申し込めることもあります。建築設計業はますます人手不足になっているので、他業種であっても問題なく応募可能な企業も中にはあるようです。しかし、業界未経験の場合にはハードルが高くなってきます。それまでの他業種における管理職経験などが求められることもあるため、しっかりと準備をしないといけません。

とはいえ、未経験なのにエグゼクティブ求人が利用できるのは建築設計業くらいなので、応募しておきたいところでしょう。とくに電気業界などからは、多くの人が建築設計業のエグゼクティブ求人を利用して転職活動しています。このような建築設計業に関係の強い業界にいるといった場合にはぜひとも目指してみましょう。

いずれにしてもエグゼクティブ求人は転職活動の集大成といったものですから、事前準備をしっかりと行い、転職エージェントとも協力しながら企業に就職できるようにしましょう。とくによい転職エージェントがバックについていれば、いざというときに頼れる存在になってくれるはずです。また、エージェントの経験や知識が多ければ、疑問や不安を無くしてくれるでしょう。

 

転職エージェントを利用することによって、エグゼクティブ求人の情報を得ることが可能です。建築設計業のエグゼクティブ求人は高収入だけでなく、いろいろとメリットが多いです。他業種からの転職も可能であることも利点でしょう。しかし、未経験の場合はしっかりとした事前準備が必要となります。その場合は、よりエージェントと協力することが大切です。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

「建築設計業に興味があるけど、未経験だと採用されにくそう」と、未経験での転職は尻込みしてしまう方もいるでしょう。未経験から異業種への転職は難しいともいわれますが、転職エージェントを利用すれば

続きを読む

未経験から建築設計業への転職は難しいと思っている方は多いでしょう。実際、資格や実務経験があった方が転職には有利です。しかし、さまざまな理由から今や未経験でも建築設計業は転職しやすい業界とされ

続きを読む

志望動機は採用担当者がどのような人物なのか、会社に興味をもった理由を知るための手段です。志望動機を疎かにしてしまうと、企業に就職したい気持ちは伝わらなくなります。とくに建築・設計業界は人気が

続きを読む

20代の方は経験が浅いことも多いので、転職のプロである転職エージェントを利用するとスムーズな転職ができるかもしれません。スキルが少なくても知識を身につける方法や自己アピールの見せ方など、1人

続きを読む

「職務経歴書の上手な書き方が知りたい」そう思っている方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの職務経歴書の書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで書類選考を突破しやすい職

続きを読む

「自己PRって何を書けばいいのだろう?」そう悩む方は多いです。この記事では建築・設計業界向けの自己PRの書き方を分かりやすく解説しています。読んでいただくことで、ポイントを押さえた読みやすい

続きを読む

「自己分析をしてから転職をした方がよい!」と聞いたことはあるけど「なぜだろう?」と思う人もいるのではないでしょうか?自己分析はすごく重要です。ここでは転職活動を始める前に自己分析をする意味と

続きを読む

中途採用の方はこれから育てるという目線よりも「即戦力になるのか?」ということが重要視されます。保持している資格・免許をただ並べて書くだけではいけません。この記事を見ていただくことで、履歴書に

続きを読む

転職活動には、転職エージェントを利用する方法と自分で行う方法の2種類があります。転職エージェントは利用することで転職に関するさまざまなサポートをけられますが、利用がおすすめできない人も一定数

続きを読む

転職活動を始めるにあたって、最初に転職方法を検討しておくことは非常に大切です。そして、転職エージェントを利用する転職では、担当者との相性が合わず悩む方も少なくないのではないでしょうか。そこで

続きを読む