引っ越し時に衣装ケースの中身は入ったままで大丈夫?入れておいてもOK・NGなもの

公開日:2021/12/15  

引っ越しをする際に意外と悩むのが衣装ケースの中身。「衣装ケースの中身はそのまま入れたままでいいの?」と疑問に思っている人も多いでしょう。今回は引っ越し時の衣装ケースの中身ついて紹介します。入れたままでもOKなものとNGなものもまとめていくので、引っ越しを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

衣装ケースの中身は入ったままで大丈夫?

引っ越しの際、衣装ケースの中身は入ったままでも大丈夫なのでしょうか。それともすべて段ボールや別の箱に移した方がよいのでしょうか。衣装ケースの中身をすべて段ボールに移すとなると、手間も時間もかかってしまいます。できれば中身をそのままにして業者さんに運んでもらえれば助かりますよね。

ズバリ、衣装ケースの中身を入れたまま業者に引き渡しても大丈夫です。最近では衣装ケースの中身が入ったままでも新居に運んでくれる引っ越し業者が増えてきています。多少の荷物整理は必要となりますが、中身が入ったまま運んでもらえるので、引っ越しの手間が減りますね。

ただし、あくまでもカバンや洋服などの軽い荷物のみとなっています。重量の重い荷物が入っている場合は、別途段ボールに移さなければいけません。重い荷物が入ったままにしておくと衣装ケースが置いていかれるケースもあるので、注意が必要です。

見積もりの際に衣装ケースの中身は入ったままでもいいのか、それとも段ボールに移さなければいけないのかを事前に確認しておきましょう。

衣装ケースの中に入れておいてもよい荷物

ここからは衣装ケースの中に入れておいてもよい荷物をまとめていきます。

1つ目は衣類などの布製品です。そもそも衣装ケースは衣類を保管するためのアイテムです。下着、洋服、タオルなどであれば、衣装ケースに入ったままでも運んでもらえるでしょう。引っ越し業者によっては衣装ケースに洋服やタオル以外のものが入っている場合は、運んでもらえない可能性もあるので事前の確認が必要です。

2つ目はカバンや靴、帽子類などです。カバンや靴、帽子類も重量が少ないので、衣装ケースに入ったままでも運んでもらえるでしょう。ただし、帽子は型崩れしやすいものもあるので、スペースに余裕を持たせてあげるといいですね。靴もそのままの状態で衣装ケースに入れてもかまいません。

3つ目はおもちゃ類です。壊れにくい頑丈なおもちゃであれば衣装ケースに入れたままでも運んでもらえます。ただし、プラスチック製のおもちゃは破損する可能性が高いので、丁寧に梱包して段ボールに入れて運んでもらったほうがいいでしょう。

衣装ケースの中に入れておいてはいけないもの

事前確認が必要ですが、衣装ケースの中に入れておいてはダメなものもあります。基本的には壊れる可能性があるものを入れておくのはNGとなっているので、注意が必要です。具体的にどんな荷物がNGとされているのかまとめていきます。

1つ目は液体が入ったものです。シャンプーやボディーソープ、化粧品などは、運搬中に液体がこぼれる可能性があるのでNG。万が一他の荷物にかかってしまう場合もあるので、液体が入っている荷物を衣装ケースに入れないようにしましょう。

2つ目はプラスチック製品です。CDやDVDのケース、おもちゃなどのプラスチック製品は運搬中に壊れる可能性があります。

プラスチック製品の中でも弾力があるものはその可能性が低いので、衣装ケースの中に入れておいても大丈夫でしょう。ただし、業者によってはどのようなプラスチック製品もNGとしているところがあるので、事前の確認が必要です。

3つ目は台所用品です。包丁や食器などを衣装ケースの中に入れると、破損する可能性が高いです。また、万が一運搬中に衣装ケースの扉が開いた場合、皿や包丁などの台所用品が落ちてくるのでとても危険です。他の荷物を傷つける場合もあるので、段ボールに入れて運んでもらいましょう。

4つ目は書籍類などです。書籍類は重なるとそれなりの重量になるので、運搬してもらえる可能性は低いでしょう。また、古い衣装ケースを使用している場合は書籍類の重さで運搬中に壊れる可能性も考えられます。

5つ目は電化製品です。ドライヤーやアイロンなど、小型電化製品を衣装ケースに入れるのもできるだけ避けましょう。緩衝材を入れずに衣装ケースに入れると、運搬中に壊れる可能性が高いです。小型の電化製品でも丁寧に梱包して段ボールで運んでもらったほうが、破損の可能性は低いですよ。

衣装ケースの梱包方法

まずは衣装ケースの中身を整理しておきましょう。使用頻度が低い衣類などはこの機会に断捨離するといいですね。新居で不用品を処分する必要がないので、手間も時間もカットできます。

また、下着などの隠したいものは別途資材で包んでおくとよいでしょう。中身がわからないように色が付いている梱包資材で包むとなおよいですね。

次に弱粘性のテープで引き出しを止めましょう。運搬中に引き出しが開くと危険がともなうからです。通常のガムテープを使うと剥がした時に粘着が残って片付けが大変になるので、弱粘性のテープがおすすめ。

基本的に衣装ケースはそのまま引っ越し業者に引き渡しても大丈夫です。ただ、上記で紹介した作業をしておくことで、業者作業員の手間が省けるのでスムーズに運搬してもらえるようになりますよ。

 

今回は引っ越し時の衣装ケースの中身についてまとめていきました。基本的には中身が入ったままでも運搬してもらえますが、中にはNGなものもあるので事前に確認しておく必要があります。今回の記事が引っ越しを考えている方の参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

住居を映す際には何かとお金がかかるもの…。少しでも引っ越し費用を抑えたいと考えるのは当然でしょう。しかし、具体的な節約法までは思いつかない方も多いのではないでしょうか。 ここでは少しでも引っ

続きを読む

引越しを業者に依頼しようと決めたのはいいものの、いざインターネットなどで探してみると候補が多く迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?そこでまずは、大手と地域密着型という、2タイプの業者が

続きを読む

初めての引越しをする際は特に、自力でやってしまった方が良いのか、それとも業者に依頼するべきか迷うと思います。ここではそれぞれの選択肢で考えられる、メリット・デメリットを紹介しましょう。 もく

続きを読む

引越しへの最初のステップとして、まずは荷造りをするために必要なものや手順をしっかりと覚えておきましょう。時間がかかりがちな作業ですが、知識があればある程度効率的に進めることができますよ。 も

続きを読む

引っ越しをする際に意外と悩むのが衣装ケースの中身。「衣装ケースの中身はそのまま入れたままでいいの?」と疑問に思っている人も多いでしょう。今回は引っ越し時の衣装ケースの中身ついて紹介します。入

続きを読む

引っ越し後に忘れがちなのが「運転免許証の住所変更」。転勤や引っ越しで住所が変わったり、結婚で苗字が変わったりした際に運転免許証の住所の変更手続きをするのは、正式に義務付けられているものです。

続きを読む

引越しの際は、引っ越し代だけでなくさまざまな費用が発生します。そのため、できるだけ引っ越し代を安くしたいという人もいるでしょう。では、引越し費用はどのように決まるのでしょうか。今回は、引越し

続きを読む

引越しの際は、できるだけ荷物を減らそうと断捨離する人も多いでしょう。また新居で使うものは一新したいということで、今使用しているものは処分して新しく買い替えるということもありますね。このように

続きを読む

引越し作業を手伝ってくれた作業員さんに、何かお礼をしたいと考える人もいるでしょう。大変な作業を頑張ってくれたのですから、感謝の言葉とともに何か形として渡したいですね。そのような場合、お礼は何

続きを読む

引越しをする際には、さまざまな手続きが必要になってきます。しっかりスケジュール管理して、手続きを進めていきたいですね。ここでは、引越しの際に行う必要がある手続きの中で、主なものをいくつかまと

続きを読む