費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

クラウド版人材派遣システムのメリット

人材派遣管理システムは人材派遣会社などが中心になって使用するシステムで、企業に派遣するスタッフの情報や勤怠状況管理などを行うことが可能です。

クライアント企業毎に給与や休暇など制度が異なるので複雑な管理になる傾向がありますが、システム化されたクラウドサービスなどを利用すると複雑な作業をスムーズに対応することができます。

カスタマイズすることができる

近年経理や勤怠などを管理することができるシステムが提供されています。人材派遣管理システムを利用すると派遣スタッフの情報を把握することができ、効率良く管理することが可能です。

ライセンスタイプやクラウドサービスタイプがあり、ライセンスタイプはいろいろな機能がパッケージされているものが多いです。大規模な企業において導入していることが多いですが、費用が高めに設定されています。

クラウドサービスタイプを利用するとリーズナブルな価格から始めることができ、途中からいろいろな機能を追加することができるので便利です。中にはカスタマイズすることができるものもあり、項目や各種帳票などに関して無料で対応してくれる業者があります。派遣先毎に異なる派遣帳票に関して、費用をかけずにアレンジすることができるでしょう。

クラウドサービスを利用すると、法改正やそれに関係する帳票の変更も無償で対応してくれます。外出先からでも利用することができ、人材派遣管理システムを利用するとスマートフォンなどを使って入力することが可能です。

ライセンス版はインストールが必要だったり、外出先から使用する際特殊な設定を行うケースがありましたが、クラウドサービスを利用するとスマートフォンやタブレットなどから利用することができ簡単に設定することができます。人材派遣管理システムを使って、企業にエンジニアを派遣している企業も存在しています。

いろいろな帳票を出力することができる

人材派遣管理システムを導入すると、派遣スタッフを一元管理することができます。応募や給与などワンストップで管理することができ、人材紹介や人材派遣に対応することが可能です。人材紹介や人材派遣の両方に利用することができ、両事業を展開している企業にとってデータ入力の二度手間をなくすことができます。

クラウドサービスを利用すると法改正などに対してリアルタイムで対応することができ、派遣関連の帳票などをワンクリックで出力することが可能です。派遣個別契約書や派遣元管理台帳、派遣先管理台帳や就業条件明示書などを作成するのに便利で、契約書をハンド作業で作成する時間や手間がなくなり、人的ミスを減少することができます。

現在使っているライセンス版の派遣システムからクラウドサービスにデータ移行することができたり、中にはデータ移行費用を無料で行ってくれるところがあるのでお得です。サポート担当が詳細を聞きながら自社に応じた移行プランや、運用スケジュールなどを提案してくれるでしょう。

ライセンス版やクラウドサービスタイプにはそれぞれメリットがあるので、人材派遣管理システムを自社において導入する場合、目的を明確にし自社に適したものを選ぶことをおすすめします。導入する前にユーザーの追加に費用がかかるなど、チェックしておくと安心です。

せっかく導入したとしても必要な機能がなかったり運用コストがかさんだ結果、他のシステムに乗り換えるようになると元も子もありません。複数のシステムを比較検討しておくと良いでしょう。

インターネットがあれば利用できる

クラウドサービスタイプの人材派遣管理システムを導入すると、媒体インポート機能が搭載されていて各求人媒体から応募情報をワンクリックで入手することが可能です。データ入力の時間や手間を削減することができ、求職者に対して案件紹介メールなどを作成するのに便利な機能があります。複数案件メールに纏めたり複数の人に一括してメールを送ることができます。

派遣帳票を簡単に出力することができ、派遣法に準拠した各種派遣帳票を作成することが可能です。帳票作成の手間を削減することができ、応募管理から給与計算まで一元管理することができます。

クラウドサービスを利用すると外出先から利用することができ、応募や進捗管理、契約情報管理などもスマートフォンなどを使って管理することが可能です。初めて派遣業を始める人も無理なく利用することができ、リーズナブルな価格からスタートすることができます。

ローコストながら営業や人材管理、勤怠管理などを効率化することができ、インターネット環境があるといつでもどこでもアクセス可能です。即日導入にも対応している業者が多く、派遣スタッフのスキルや勤務状態を把握することができます。

業務の見える化を推進することができ、利用者の多様な希望に添えることができる柔軟なカスタマイズにも対応してくれるでしょう。利用している他のシステムとも連携することができるので便利です。

 

クラウドサービスタイプの人材派遣管理システムを利用している企業は多く、複雑な管理業務を効率良く行うことができます。自由にカスタマイズすることができ、派遣個別契約書などのいろいろな帳票を作成することが可能です。インターネット環境があればすぐに利用することができます

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧